« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

くせ毛ミーク

散歩中、ミークをなでてくれる人から、「意外とカールしてるんですね」って

よく言われます。

言われてから、ほかのラブちゃんの背中を見てみると、確かにスムース。search

特に黒ラブはしっとりしていて滑らかにペターっと身体に密着してる。

ご近所のイエローラブ君は、多少うねりがあるけれど、背骨のひとすじ程度の

細いうねりでした。sign04

ということは・・・
sweat01

ミークさん、アナタ、くせ毛ですね。flair

8歳にして気づいてしまった。smile

そうかそうか、ミークは天然パーマタイプね!happy02

自分の髪の毛が直毛剛毛ゆえか、なんか嬉しいわワタシ。notes

どうりで、寝癖っぽいピンハネ部分が多いわけね~。confident



気づいて以来、ミークのうねった毛がやたらに愛おしいheart

ちょっと前まではブラッシングしづらいなぁとpoutぼやいていたくせに。
sleepy

今日も自由奔放にカールするミークの背中を触りつつ、もっと逆立てたりして。smile

くせ毛でも直毛でもどうでもいいから寝かせてと迷惑そうなお顔されてます。

・・・

休日の散歩あと、昼寝タイムはわたくし暇なのですよー

“Variety's the very spice of life, that gives it all it's flavour.” William Cowper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カートミーク

冬はミークを連れて買い物に出ます。

後部座席ドアにしっかり手をかけてルンルンミークさんwink

右手の先にある窓の開閉ボタンもすっかり使いこなしており、

顔を出したくなると自分でボタンを押して窓をOPENします。

(でも閉めてはくれないので気が済むと窓全開のままで走っていてものすごく寒い)

今日は犬用カートがあるホームセンターに行くのですよ。happy01

ハローnote

ミーク級の大きさを乗せてるのはあまり見かけないので、目立ちます。sweat01

店内の様子に興味津々。

ミーク乗せるともはやあまり商品を入れるスペースもありません。coldsweats01


良い香りが漂う洗剤コーナーで、ぬぅーーっと体を伸ばして香りチェック。


flair

わんこフードコーナーで抜かりなくもらった試供品をただちに食すミークさん。

notes

買い物後はスーパー裏の浜を少し歩いて帰宅。

おみやげつきでますます買い物が好きになったね。up


| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬さんぽ

冷たい北風が感じられない日曜グッドモーニングnote

広ーい砂浜でお散歩していると、突然立ち止まりむこうを見やるミークさん。

向こうから近づいて来るのは・・・

sign01

海岸を散歩するお馬さんでした。horsehorse

馬とは何度か対面しているものの、馬の大きさと圧倒的存在感に

ビビっていつも足元までは近づけません。smile

horse

私も、海をバックに悠然と闊歩するお馬さんに見とれてしまいました。


up

通り過ぎたあと、すかさず匂いや足跡の追跡調査を始めます。delicious

うーむ、やはりこの景色は圧巻ですね。

乗馬カッコイイ~!いつかやってみたいぞ!
heart

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お昼ねミーク

まだまだ寒い日が続きますが、太陽の陽が差し込む静かな午前中は

絶好のお昼寝タイムです。sun

本当は柔らかいソファの上が定位置なんだけど、きっと毛皮を着ている

ミークには暑すぎるんだね。sweat01

 sleepy

眩しくないように、いつも絶妙な角度で寝る姿が可笑しいのです。smile

ときたま、ウゥーーンと伸びをして。
sign04

ところで何度目かのラブグッズ衝動買い。moneybag

「ひなたぼっこミーク」がそのままデザインされたような置き時計です。

Zaccarella clock collection

イタリアの陶芸作家、アントニオ・ザッカレラ氏とコラボレーションした陶器の時計シリーズです。
特徴は「楽焼」と呼ばれる製法から生み出される鮮やかな色合い。
特に地中海ブルーがキレイですね。

ひとつひとつが手作りでプチ絵画のような、温かみのある時計です。

これで時間を読んだことは一度もありませんが一応ちゃんと機能しています。coldsweats01

夜空の街シリーズも素敵です。

そんなわけで、空いているソファで私もついついお昼寝しちゃいます。

カーテン全開で陽を浴びながらお昼寝できるのは真冬の楽しみですね。notes

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »